JAPONISM 4月発表2016新作テーマ “Discover 200° 視覚を解放せよ” 公開です。

2016.02.15 / HOYA Lenses ホヤレンズ

こんにちは!岡山・奉還町《岡山眼鏡店》ブログでございます。

 

 

今回のブログは…2016年4月に開催されますCOME展示会にて発表予定のJAPONISMの2016年新作が先日公開されました。

 

 

テーマは

『Discover 200° 視覚を解放せよ』

http://japonism-highcurve.webflow.io/

 

 

56989b003f3e7eba55713d9c_HighCurve_overview[1]

 

 

この春、ジャポニスムからニューライン『JAPONISM HIGH CURVE/ハイカーブ』が発売されます。

左右の視界を妨げないフレームデザインはスポーティな装いに。

あえてシンプルな作りにこだわることで、ごまかしの利かないスタイルになっています。

 

 

顔のカーブに合わせた

適切な反り角度の選択

 

56989b95b2e8aa271bfaf8db_HighCurve_6-12[1]

 

 

JAPONISMでは、通常4カーブのフレームに5度の反り角度を採用してきましたが、今回の6カーブレンズには12度の反り角度を採用し、より顔のカーブに合うよう設計しました。

これによりワイドな視界とともに、紫外線/UVカットやゴミ・ホコリの巻き込みも少なくすることができます。

これからの時期の花粉症対策にも効果があるでしょう!

 

 

ハイカーブレンズによる

サイドの視界の広がり

 

56989b44ca4d9823078826a2_HighCurve_Comparison[1]

 

 

4カーブと6カーブのレンズを眼球の中心より12mmの距離に配置した場合、サイドからの視界に約10°の差が生まれます。

このようにハイカーブレンズにすることで、よりワイドな視界が実現できるようになりました。

 

 

ハイカーブレンズと相性のいい

流線的なフォルム

 

56989c2037974db555aec0b8_HighCurve_naname[1]

 

 

ハイカーブと言うと、オークリーを代表とするスポーツグラスをイメージいたしますが、ジャポニスムハイカーブは絶対的シンプル。

シンプルなゆえに、レンズとの融合が最も重要なポイントになっております。

 

 

レンズとの融合①

岡山眼鏡店では、ハイカーブ特有の見えかたへの対応をお一人ずつのデータに基づき、分かりやすくアドバイスしております。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

特に、見え方に関しては、事前にご説明のうえ、ハイカーブの特徴を特別に製作された“細木式検査枠”を使いお伝えしています。

 

製作に関しましては、ご使用の環境や目的視認距離などに応じた補正度数・光軸補正を施したレンズをご用意し、仕上げてまいります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また、ハイカーブに関しまして、他店様でお求めになられたものでもお気軽にご相談くださいませ。

 

 

レンズとの融合②

岡山眼鏡店では、ジャポニスムハイカーブに対応する3つのレンズ/「NULUX RFi」「NULUX RF SPORTS」「NULUX RF」を取り揃えております。

 

 

logo-nulux_rfi[1]icon-individual[1]

 

「NULUX RFi」は、国内トップシェアを誇るHOYA社が提唱する『RL別非対称設計』が搭載され、「NULUX RF」の収差補正に加えて、眼鏡装用時の視力値にこだわった、左右非対称シングルビジョンレンズです。

 

illust-rl[1]

 

また、『パーソナルフィット設計』で、装用時のお客様とフレーム・レンズ情報を専用パラメータにより計測、レンズ度数に細かく反映し、快適な視界を確保しています。

 

 

illust-personal_01[1]

illust-personal_02[1]

illust-personal_03[1]

特に、フレーム前傾角、フレーム頂点間距離、フレーム反り角それぞれの数値を反映し、お一人おひとりの専用設計に仕上げ、メガネ装用条件に合わせて設計を最適化できるようになりました。

 

 

illust-fine[1]

専用設計にすることで従来のレンズに比べて快適に見えるレンズ内領域が広がり、よりJAPONISM HIGH CURVEとの相性が格段にスケールUPしております。

 

 

 

logo-nulux_rf_sports[1]

 

「NULUX RF SPORTS」ではJAPONISM HIGH CURVEの美しいフォルムを崩すことなくそのままに、左右視線ズレ補正を実現しております。

 

illust-nulux_rf_sports_gaze1[1]

 

特にフレーム反り角による度数変化の補正に加え、左右視線ズレをバランスよく補正した全く新しい設計になっております。

 

illust-nulux_rf_sports_gaze2[1]

 

 

 

logo-nulux_rf[1]

 

「NULUX RF」はレンズカーブ、度数ごとに収差を補正することで、全方位において快適なみやすさを提供しております。

 

illust-nulux_rf_lens[1]

「NULUX RF」の収差補正は、眼球回線の動き(リスティングの法則)を考慮することにより、側方視する際に発生する“軸ズレ”による収差も補正していますので、全方位において快適な見やすさが得られます。

 

pic-nulux_rf_lens_appearance2[1]

さらに「NULUX RF」では選ばれたレンズカーブごとに適正な収差補正を実現することで、どのようなカーブでもよりシャープな見え方を提供します。

 

 

 

JAPONISM

HIGH CURVE

この春登場するJAPONISM HIGH CURVEは2タイプがデビュー!!!

「JN-581」はフルチタン製ナイロールタイプ、

「JN-582」はチタンと異素材を使用したフルリムタイプです。

貴方ならどちらのタイプがお好みですか?

 

JN-581

5698962d16c5971a073af7fb_No.0100-1_150[1]

JN-583

5698962d3f3e7eba557132e8_No.0200-1_150[1]

 

(※カラー展開や、サイズ、価格など詳細は後日改めてご案いたします。)

 

モデル公表情報は、http://japonism-highcurve.webflow.io/japonism こちらからもご覧いただけます。

 

いまから春が待ち遠しいですね。

入荷情報などはこちらの岡山眼鏡店ブログ、またはFacebook、Instagramなどで配信しております。

皆さまのチェック!!をよろしくお願いいたします。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メガネは身体の一部です。

せっかく掛けるメガネだからこそ、《見えかた・見られ方・心地よさ》を考えてみませんか?

私ども《岡山眼鏡店》では、“なぜそのメガネが似合うのか?” “なぜそのメガネが似合わないのか?” を具体的にお伝えしながら、皆さまにぴったりなメガネのアドバイスをさせていただいております。

また、度数が必要な方はもちろんのこと、最近特に疲れやすくなった方や、見えにくくなったなぁ、と感じられる方には、無料で屈折測定とアドバイスをさせていただいております。

お気軽に店頭スタッフまでお申し付けくださいませ。

皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

 

…………..concept…………..

 

岡山眼鏡店ロゴ