Seacret Remedy S-032〝Dorris〟TOKAI CCP シークレットレメディ 東海光学 遮光 クラッチグラス 眼瞼痙攣 半医半商|岡山眼鏡店

2020.08.02 / Seacret Remedy シークレットレメディー

 

『半医半商』
私たちができること

 

突然発症してしまう眼に関する病気。
普段当たり前に見えている世界が
とても大切なものと気づきます。

皆さま!こんにちは。岡山眼鏡店Blogでございます。いつも私どもブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。初めてご覧いただきました皆さまには、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
本日のブログは、F様の素敵なメガネフォトのご紹介です。今年の初め、F様は急な違和感を眼に感じました。そこで近所の眼科で診てもらったところ「ドライアイ」と診断。点眼薬を処方され使用されていました。ただ、症状は悪くはならないものの良くもならない状態が続き、二度目の受診。そこでも同じドライアイということで同じ点眼薬の処方だったため、セカンドオピニオンとして別の眼科医院を受診され、ようやく「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」との診断が出ました。ドライアイと眼瞼痙攣の症状が非常によく似ているための診断内容の相違ではあるものの、これからがF様にとって続く道のりになります。

 

では、「眼瞼痙攣」とはどういったものなのでしょうか?

 

瞬きをする際には眼輪筋という筋肉が瞼を閉じたり開けたりしているのですが、これが何らかの要因で本人の意思とは別に痙攣(けいれん・収縮)し、瞬きの制御に異常を及ぼす病気のことを言います。通常両眼の瞼に症状が現れ、不要な瞬きが増えたり、目を閉じたままになってしまったりします。初期の場合では、瞼の痙攣、瞬きの増加、光に敏感になったり羞明(涙が出るほどの眩しさ)を感じたり、異物感や目が乾きやすいなどの症状が見られます。また、症状が気になって集中できないといった不快感も生じることが多く、進行すると、瞼を開けることが困難になったり、歩行中に人にぶつかりそうになったり、自転車や自動車の運転では事故に発展することもあります。さらに、進行が進むと瞼を全く開けられなくなり、失明同然の状態に陥ってしまうこともあり、初期から軽症、重症に関わらず日常生活に支障をきたすため非常に悩まれている方々が多くいらっしゃいます。

 

根本的な治療法はなく、症状を和らげるための治療が中心になり、その内容は個々の状態によって主治医の先生との相談のもと進んでまいりますが、私ども眼鏡店におきましては、瞼を持ち上げる「クラッチグラス(メガネ)」の使用のための準備や調整をしたり、特別な染料で製作されるカラーレンズを指す「遮光レンズ(遮光眼鏡)」の選択に関わったりすることが可能です。

 

 

「クラッチグラス」と「遮光レンズ(遮光眼鏡)」
そして、「Seacret Remedy」のフレーム

 

今回のF様におかれましても、前述の「クラッチグラス」や「遮光レンズ」をご準備させていただきました。瞼が閉じてしまうことを軽減する目的で、瞼の下の部分から上に持ち上げるようにセットするクラッチメガネ。顔の表情や瞬きの際の筋肉の動きにより外れることもありますが、カーブや角度の調整により外れにくくなったり、感覚の不快感を軽くしたりすることができます。また、レンズを通して見える眩しさを軽減する遮光レンズは、現在国内メーカーでは2社のみで生産されています。一つはHOYA ホヤ社の『RETINEX レチネックス』と、もう一つはTOKAI 東海光学社の『CCP シーシーピー / CCP400』で、詳しくはそれぞれのメーカーサイトをご覧ください。今回は豊富なカラーラインナップで選べるTOKAI CCP400を選択。デイリーの生活の中においても全く自然に馴染むカラーのブラウンは、見えかたから見られ方にも気にすることなく使いやすく、柔らかい印象も重要なポイントです。また、フレームには美しさや可愛さといった女性にピッタリな要素が詰め込まれたコレクションで定評のある「Seacret Remedy シークレットレメディ」をお選びくださいました。ジャストサイズのボストンスタイルはカラーレンズとも相性が良く、素材に使われているチタン材は軽量でいて耐久性にも優れており、安定した掛け心地に導いてくれます。長くご愛用いただけるのもポイントアップになることでしょう。

 

『半医半商』

 

眼鏡店や眼鏡業界だけに古くから言われ続ける言葉があります。『半医半商(はんいはんしょう)』。その言葉通り、眼鏡店は半分医療的な側面があり、もう半分は商売的な側面があるということ。なにか眼に異常をきたしたり、見えかたが悪くなると、眼医者さんではなくまずは眼鏡屋さんでアドバイスを聞きに行っていたものなんですね、むかしは。もちろん、診断や治療といったことは一切できませんが、なにか病気の疑いがあれば眼科への受診をお勧めしたりいたします。私たち眼鏡店の本来の姿は、そのお客様の将来のことを考え、最善を尽くすことが、『半医半商』の言葉の本質だと思います。私たち岡山眼鏡店は目の前の利益を追求するのではなく、お客様の将来にわたっての利益を追求しています。

 

最後になりますが、この度、ブログでの紹介に快く承諾してくださいましたF様には心から感謝いたします。誠にありがとうございました。これからも治療が続いていくと思いますが、少しでもF様の一助になれることとともに、症状の緩和、そして、完治を心から願っております。

 

(Frame)
BRAND : Seacret Remedy
MODEL : S-032〝Dorris〟
SIZE : 49□19-140
COLOR : 2 Demi / White gold
made in Japan
(Lens)
MAKER : TOKAI
MODEL : CCP400-HX
made in Japan
(Etc.)
MODEL : クラッチグラスⅡ
在庫数などご質問は、ブランド名・モデル名などをご記入の上、
メールまたは電話にてお気軽にお問合せください。
お問合せフォームはこちら
(※写真では実際のカラーリングと異なって見えることがありますのでご注意ください。)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。
皆さまいかがでしたでしょうか?
ぜひこの機会にこれからのメガネ選び・サングラス選びのご参考にもしてみてくださいね。
当店はSeacret Remedy / シークレットレメディ製品、TOKAI / 東海光学製品を安心して購入できる正規取扱店です。
度無しレンズの入れ替え・交換や度付きレンズ、遠近両用レンズなど累進レンズにも対応いたしております。
皆さまお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【情報配信中】

私ども岡山眼鏡店ではブログの他にも新作などの入荷情報をはじめ、イベント情報や様々な情報を発信しております。
岡山眼鏡店Facebookページ
Sports Lab. by 岡山眼鏡店Facebookページ
岡山眼鏡店Instagram
Sports Lab. by 岡山眼鏡店Instagram
岡山眼鏡店Twitter
岡山眼鏡店Pinterest
岡山眼鏡店YouTube
岡山眼鏡店Google
ぜひ皆さまのフォローをお待ちいたしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メガネは身体の一部です。

せっかく掛けるメガネだからこそ、《見えかた・見られ方・心地よさ》を考えてみませんか?
私ども《岡山眼鏡店》では、“なぜそのメガネが似合うのか?” “なぜそのメガネが似合わないのか?” を具体的にお伝えしながら、皆さまにぴったりなメガネのアドバイスをさせていただいております。
また、度数が必要な方はもちろんのこと、最近特に疲れやすくなった方や、見えにくくなったなぁ、と感じられる方には、無料で屈折測定とアドバイスをさせていただいております。
お気軽に店頭スタッフまでお申し付けくださいませ。
皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。