NEW ARRIVAL【Persol】714SM Steve McQueen|岡山眼鏡店

2021.09.28 / Limited Edition 限定

普遍の人気を誇るスティーブ・マックイーンの名が刻まれた「Persol」のアイコニックなサングラスがお目見えです。

皆さま!こんにちは。岡山眼鏡店Blogでございます。いつも私どもブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。初めてご覧いただきました皆さまには、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
本日のブログは、一世紀以上にわたり世界のファンを魅了し続ける、イタリアを代表するアイウェアブランド「Persol ペルソール」より、同ブランドを表現する最もアイコニックなモデルとして知られる〝649〟をベースに、フォールディングシステムを採用し、アメリカの伝説的俳優スティーブ・マックイーンの名が刻まれた復刻モデルPersol 714SMのご紹介です。

 

Persol 714SM-Steve McQueen
Special Edition

私たち日本人はその気質として世界から見ると非常に勤勉であり、高い技術力を誇る〝ものづくり〟もまた高く評価されることが多いですが、イタリアもまた技術力の非常に高いこととして評されることが多く、日本と似た性質を持っています。しかし、日本とイタリアの〝ものづくり〟へのアプローチは大きく異なっているかのように思います。日本においては技術の高さを用いて実用性を重んじた〝どの角度〟から見ても完璧なものを作ろうとする反面、イタリアにおいてはまずその〝テーマ〟や〝ジャンル〟を決定し、突出するハイパフォーマンスなものづくりがされている、そのように思います(注)。例えば、1947年に創業のタリア・マラネッロに本社を置くFerrari フェラーリ。F1などレーシングカーを世に送り出し、世界のスポーツカー界で突出した存在感を誇っていることは広く知られていること。また、イタリア・フィレンツェで1921年に創業のGUCCI グッチ、1927年に創業のSalvatore Ferragao サルバトーレ・フェラガモなど、最高の職人たちによる最高品質のものづくりは現在でもその魅力を失っていません。
(注)実用性を重んじる日本のものづくりが悪いということではなく、また、イタリアのように夢や希望に溢れたものづくりが良いということでもありません。長年培ってきた地域性や民族性、社会システムや考え方など、簡単にどちらが良い悪いという判断がつかないものであり、その点において優劣を競うことはできないと考えております。

 

1917年、イタリア・トリノで創業したPersol ペルソールもまた、テーマを決めたアプローチからレジェンドとなるモデルを輩出してきたアイウェアブランドのひとつです。

 

 

繝ュ繧ウ繧呎ュ」蠑・(1)

 

ペルソールはイタリアのアイウェアブランドです。ブランド名はイタリア語でPer il Sol、英語でFor the Sun「太陽のため」を語源としています。1917年、イタリアはトリノの写真家であり、「ベリー眼鏡店」のオーナーであったジュゼッペ・ラッティは掛け心地や強度、良好な視界を研究し操縦士やレーサーのための眼鏡を作り始めました。これがペルソールの世界的な成功への第一歩でした。

 

プロテクターと名付けられたバンドで頭に固定されるゴーグルは、イタリア軍に採用され、1924年には14もの国際的な特許を取得し、スイス軍からも採用されることになります。1938年、Persolに改名しブランド設立。1930年代後半には現在でもペルソールの基本要素となっている世界初の曲がるテンプル=メフレクト(Meflecto)が導入されます。

 

それはステンレス芯が通ったナイロンとメタルのシリンダーを埋め込んで曲がりやすくなったテンプルが、どんな顔の形状にもフィットし心地よさを与えられるように開発されました。

 

そして、古代戦士の剣からインスパイアされたペルソールのアイコンである『シルバーアロー』の装飾もこの時期に生み出されました。

 

ラッティの閃きにより生まれたこのデザイン&機能は瞬く間に世界の国々で特許を認められます。機能の一部でありながらその美しいデザインはペルソールを世界的に有名にさせることになりました。1957年、風と埃から眼を守りたいトリノの電車の運転手のために考案されたPersol 649が誕生します。

 

(Persol 649)

サングラスとして大成功を収め、何年ものあいだ数々ののコンペティターから模倣され続けています。1961年のアカデミー賞・脚本賞を受賞したマルチェロ・マストロヤンニ監督映画「イタリア式離婚狂想曲(Divorzio all’italiana)」の中で装着し、このモデルは伝説となります。この年代は操縦士、スポーツ選手だけでなく、グレタ・ガルボ、スティーブ・マックイーンのような映画、演劇界のスターたちがペルソールを選ぶようになり、著名人にも愛されるようになりました。そして、いま現在でも多くのスターたちがペルソールの素晴らしさに、映画のセットの中だけでなくデイリーライフのライフスタイルにもペルソールを選んでいます。

 

そのPersol 649をベースに、フォールディングシステムを採用したPersol 714。非常に簡単に、そして、コンパクトに畳み込める画期的な構造は、1960年代に入り誕生しました。アメリカの伝説的俳優であるスティーブ・マックイーン(本名Terence Steven “Steve” McQueen)が映画『華麗なる賭け(The Thomas Crown Affair、1968年)』の劇中だけでなく、日常でも愛用したことでも有名であり、また、『007』の劇中では主人公のジェームズ・ボンドが着用するなど、世界中のアーティストや著名人が好んで愛用されています。アメリカのレイバン、イタリアのペルソールと並び称され、歴史に裏打ちされた確固たるスタイルは世界中で愛され続ける魅力です。

 

そのPersol 714に〝Steve McQueen〟の名が刻まれたスペシャルエディションとしてリリースされたPersol 714SM-Steve McQueen。レンズには〝雑光が消えるレンズ〟でお馴染みの偏光レンズが標準仕様となっております。従来モデルでは縦方向に折れ込むテンプルでしたが、実際にスティーブ・マックイーンが使用していた同型に近付けるよう内側に折れ込むスタイルに変更。さらに、サイズ感も小さくなり、完全復刻を果たしました。
(※但し、内側に折れ込むことでリムとの干渉がしやすくなっております。スティーブ・マックイーンが愛したモデルの完全復刻が目的であり、万一気になさる方は従来モデルであるPersol 714をお選びください。)
ぜひ皆さまの目でお確かめくださいませ。

 

BRAND : Persol
MODEL : 714SM-Steve McQueen
SIZE : 54□21-140
COLOR : Terra di Siena / Polarized Light Blue Gradient
PRICE : ¥53,020(in tax)
made in Italy
在庫数などご質問は、ブランド名・モデル名などをご記入の上、
メールまたは電話にてお気軽にお問合せください。
お問合せフォームはこちら
(※写真では実際のカラーリングと異なって見えることがありますのでご注意ください。)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。
皆さまいかがでしたでしょうか?
ぜひこの機会にこれからのメガネ選び・サングラス選びのご参考にしてみてくださいませ。
当店はPersol / ペルソール製品を安心して購入できる正規取扱店です。
度無しレンズの入れ替え・交換や度付きレンズ、遠近両用レンズなど累進レンズにも対応いたしております。
皆さまお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【情報配信中】

私ども岡山眼鏡店ではブログの他にも新作などの入荷情報をはじめ、イベント情報や様々な情報を発信しております。
岡山眼鏡店Facebookページ
Sports Lab. by 岡山眼鏡店Facebookページ
岡山眼鏡店Instagram
Sports Lab. by 岡山眼鏡店Instagram
岡山眼鏡店Twitter
岡山眼鏡店Pinterest
岡山眼鏡店YouTube
岡山眼鏡店Google
ぜひ皆さまのフォローをお待ちいたしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メガネは身体の一部です。

せっかく掛けるメガネだからこそ、《見えかた・見られ方・心地よさ》を考えてみませんか?
私ども《岡山眼鏡店》では、“なぜそのメガネが似合うのか?” “なぜそのメガネが似合わないのか?” を具体的にお伝えしながら、皆さまにぴったりなメガネのアドバイスをさせていただいております。
また、度数が必要な方はもちろんのこと、最近特に疲れやすくなった方や、見えにくくなったなぁ、と感じられる方には、無料で屈折測定とアドバイスをさせていただいております。
お気軽に店頭スタッフまでお申し付けくださいませ。
皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。