1984年、ルネッタ・バダ社が東京・代官山でスタートした「BADA バダ」。

 

メガネはファッションアイテムであると位置付け、過去にない新鮮な色、素材を使い、アバンギャルドなコレクションの創造をテーマに、いままでになかった自由なスピリットで着実にファンを獲得、トップブランドへと昇り詰める。

 

1994年、わずか10年というべきか、突如として世から消えたBADA。

 

その真相は定かではないが、その後もヴィンテージフレーム市場では高値で取引される人気ブランドの一つです。

 

そのBADAが2022年10月15日(土)、ついにリバイバル・ローンチいたします。

 

 

 

当時を彷彿とさせるファットな存在感、圧倒的なフォルム、そして、ブランドのアイデンティティを見事に表現したコレクションは、往年のBADAの世界観を120%感じていただけることでしょう。

 

BADAとともに青春を過ごした方々や、BADAの伝説を聞きながら育った方々、また、BADAをまったく知らない世代の方々にも、ぜひご覧いただきたいコレクションが揃います。

 

皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。