一覧に戻る

guepardギュパール

フレンチヴィンテージに精通した数少ない専門家であり、ヴィンテージアイウェア専門店の「SPEAKEASY」オーナー山村将史と「Fréquence.」オーナー柳原一樹の2人が熱い思いをもって立ち上げたブランド。


1920年代、禁酒時代のアメリカで、メガネのスラングとして「チーター」という言葉が使われていました。盗み見る“チート”という行為が、その由来だと言われています。

「guépard(ギュパール)」は、英語の「cheetah」をフランス語に翻訳したもの。

フレンチヴィンテージの高いデザイン性と本質を理解し、敬意を払って表現されているコレクションの数々。専門家の二人が、深めてきた造詣と洞察が、ただの模倣などとは一線を画したコレクションを可能にしています。

継承されているフレンチヴィンテージをご堪能ください。
フレンチヴィンテージに精通した数少ない専門家であり、ヴィンテージアイウェア専門店の「SPEAKEASY」オーナー山村将史と「Fréquence.」オーナー柳原一樹の2人が熱い思いをもって立ち上げたブランド。


1920年代、禁酒時代のアメリカで、メガネのスラングとして「チーター」という言葉が使われていました。盗み見る“チート”という行為が、その由来だと言われています。

「guépard(ギュパール)」は、英語の「cheetah」をフランス語に翻訳したもの。

フレンチヴィンテージの高いデザイン性と本質を理解し、敬意を払って表現されているコレクションの数々。専門家の二人が、深めてきた造詣と洞察が、ただの模倣などとは一線を画したコレクションを可能にしています。

継承されているフレンチヴィンテージをご堪能ください。
1 2