【岡山眼鏡店 ~眼鏡の聖地・福井/鯖江~】

2015.12.20 / BJ CLASSIC COLLECTION/ビージェークラシックコレクション

こんにちは!奉還町《岡山眼鏡店》ブログでございます!!!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日は2日間の日程で、眼鏡の聖地・福井/鯖江へ行ってまいりました。

福井駅はほんとひさびさ…福井駅下車は今回で2度目…いつもは鯖江駅で降りるんです。

福井訪問は今年4回目…通算でも10回以上の福井ですが、それでも毎回、新しい発見があり、自分にとっては第二のふるさとになりつつあります(笑)

 

ちょうど初日の夕方には、鯖江のシンボルのメガネマーク…まるでハリウッドを彷彿とさせますね(笑)…がLED化され、その点灯式も行われたようです。

 

IMG_0463

 

橋立山中腹に掲げられた「SABAE」看板、JR北陸本線の車窓からや、北陸自動車道でも車内からも見やすくなっていますよ。

通られる際にはぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

BJ CLASSIC COLLECTION

American Optical

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず初日に向かったのは、鯖江市にあります、岡山眼鏡店では定番のBJ CLASSIC COLLECTION(ビージェークラシックコレクション)、そして、世界最古の眼鏡メーカー・American Optical(アメリカンオプティカル)の製造管理と代理店を手掛ける「BROS JAPAN」さん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブロスジャパン代表の浜田氏は出張のため留守でしたが、スタッフの皆さまに暖かく迎えてくれました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

浜田氏とはもう10年以上のお付き合いになり、公私ともにお世話になっています。

いつも本当にありがとうございます。

BJ CLASSIC COLLECTION、American Opticalともにリスペクトしてやまないブランドです。

来年は今年以上に盛り上げてまいりますよー!!!

 

 

JAPONISM

そして、同じ鯖江市にある、BROS JAPANさんから歩いて約10分、クルマで数分の場所にあるのが今年設立30周年を迎えました「BOSTON CLUB」さん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボストンクラブさんは、岡山眼鏡店でもメタルラインを中心とした不動の人気を誇るJAPONISM(ジャポニスム)を立ち上げたメーカーとしても有名ですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本社上方には『JAPONISM』ブランドを掲げているところも、その存在の高さを表しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

来訪時には超多忙の中、JAPONISMのチーフデザイナー・笠島 博信氏との2ショットも!!!

なぜかモノクロになってしまいましたが、お会いでき嬉しかったです。

 

そして、貴重なデザイン中の写真がこちら!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ふだんなかなか見ることができない非常に貴重なものです。

すべての工程でこのような3次元でのデザインを日々繰り返し、作り出されるプロトタイプ。

イメージ通りのデザインやディテールに仕上がるよう、幾度となく繰り返されます。

その中から、ラインナップに加わり新たに誕生するモデルがいくつあるのでしょうね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、JAPONISMデザイナー・脇 聡氏。

今回の来訪時にもかつて作製されたプロトタイプを見せていただきました。

残念ながら世に出ることはない幻のJAPONISM…う~ん、感慨深いですね。

 

JAPONISMの生産現場にも…

皆さまはそのメガネがどこの…どんな工場で…どんな方々により作られ…どんな苦労をし…その一本が出来上がるかご存知ですか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私ども岡山眼鏡店では、できるだけ生産現場も見せていただくことで、日本製の細やかさや感性、職人の思いなどお伝えできればと思っております。

 

スポット溶接

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(スポット溶接風景)

 

フレームにクリングス(鼻パッド部)を取り付けるためのスポット溶接は、アルゴンガスを用い酸素をなくした状態でされるため、酸化が非常に少なく最強で最良な方法。

ひとつずつ職人がセットし、繰り返される工程…品番ごとに異なるため機械化できない細やかな作業なんです。

もちろん、この方法はジャポニスムでも採用されています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(最終工程の検品風景)

 

最終工程の検品、一本ずつ手作業で図面通りに仕上がっているかチェックしていきます。

ここでもやはり人の手と目で行われています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JAPONISMのすべての工程数は少なくても200以上、この工程の一つひとつに“人”が関わっているんです。

 

200以上の工程

その一つ一つに意味がある

一般的なフレームではされないひと手間が、より美しさを兼ね備えた機能的なメガネを生んでくれます。

その貴重な映像をご覧くださいませ。

 

(YouTubeにて『ジャポニスム 岡山』で検索しても視聴できます。)

 

見ていても特に派手なことはなく、面白くないですよね~(笑)

でも、フロントは一つしかありませんが、テンプルは眼鏡に二本あるので作業は2倍。

しかも、テンプルの付け根だけの作業…このほかにもたくさん工程はあるんです。

このひと手間がJAPONISMのディテールの美しさをUPさせてくれる、大切な行程の一つなのです!!!

 

来年2016年は

JAPONISM生誕20周年記念

1996年の秋に発表され瞬く間に日本を代表するブランドになったジャポニスム、来年2016年は20周年のメモリアルイヤーです。

岡山眼鏡店でもそんなジャポニスムをリスペクトしてまいります。

イベントも予定しておりますよ~。

詳細はまた後日お伝えいたしますね!!!

 

プラスチックフレームの原点

生地

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

福井/鯖江にはプラスチックフレームの原材料のセル生地を扱う会社が数社ございます。

今回はそのうちの一つにお邪魔させていただきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ところ狭しと並べられている生地はすべて見本・サンプル生地になり、これらをメーカーやデザイナーが一つひとつ吟味し、選セレクトしていくんですね。

上は先日開催されましたフランス・SILMO展で発表されたばかりの新色ですね。

下は毎年春に開催されているイタリア・MIDO展でのもの。

「マツケリ」「タキロン」「ダイセル」といった業界TOP3の生地メーカーのものになります。

岡山眼鏡店でもこれらの生地を皆さまにご覧いただけますよう準備しております。

ご興味がございましたら、お気軽にスタッフまでお申し付けくださいね。

 

 

YELLOWS PLUS

 

二日目はこちらから。

2001年のブランド立ち上げから来年で15周年を迎えるYELLOWS PLUS(イエローズプラス)。

今回で何回目の来訪になるか分からないくらいですが(笑)訪れるたびに変化があるOFFICE。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回もまたまた変わっておりました!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

来訪時に新しく仕上がったレセプションルームで迎えてくれたのは、YELLOWS PLUSデザイナーの山岸 稔明氏。

山岸氏とも気付けば10年以上の付き合いになりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

YELLOWS PLUSのフレーム同様、ブランドイメージそのままの空間です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10周年を記念して作られたマグカップでコーヒーを…小さなカップは山岸氏直々に淹れてくれたエスプレッソ。

 

現在は国内のみならず海外…特にヨーロッパでの人気が高まりつつあり、忙しさに拍車がかかっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生産はすべて国内、日本製にこだわるのは工場や職人とのコミュニケーションが常にできること。

職人とのやり取りの中で、図面では感じられないディテールを作り込んでいく。

これはまさに福井にいることでしかできない、製作工程の一部。

 

YELLOWS PLUS = 山岸 稔明

すべては最終的にYELLOWS PLUSとして、皆さまにご覧いただけるフレームたちを世に出すことに尽くすこと。

岡山眼鏡店はこれからもYELLOWS PLUSと山岸 稔明氏をリスペクトします。

 

業界初!

昨年山岸氏が購入した愛車・MINI COOPER。

業界人初乗車させてくださいました!!!

しかも、めちゃくちゃ美味しいお蕎麦屋さんへ…。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福井と言えば有名なのが“蕎麦”。

いまでは“越前そば”と呼ばれるようになり、休日には県外から多くの方で行列ができるほど。

この日は雨が降るあいにくの天気の中でしたが、二軒も“はしご”してくださいました!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず連れて行ってくれたのが、創業40年あまりの『そば処 一福』。

おススメなのが「塩だしおろしそば」。

一口で、もうここでしか味わえないことを実感してしまうほど独特の風味と蕎麦…これがホント美味しいんです!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして二軒目は…天皇陛下も食した明治4年創業の老舗『森六』。

「おろしそば」は、ややコシのある太めの蕎麦に、大根おろしとネギ、鰹節のいたってシンプルなもの…ですが、これが格別に美味いんです!!!

 

福井ではほかにもたくさんのお蕎麦屋さんがあり、聞けば地元の方々もMY フェイバリット💛なお蕎麦屋さんがあるとか!?

ぜひ皆さまも福井に行かれる際には、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

FACTORY900で有名な

青山眼鏡株式会社

そして、今回最後の訪問は…FACTORY900で有名な青山眼鏡株式会社。

デザイナーの青山 嘉道氏との交流は長く、この日も時間ギリギリまで話が尽きませんでした。

 

FACTORY900の名前の由来は、福井の工場一つひとつに振り分けられる工場の登録番号の「900」から名付けられたことは、ご存知の方も多いはず。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(右下に登録番号「900」の刻印がありますね)

 

先日開催されましたフランス・SILMO展では、メガネ界のアカデミー賞とも呼ばれる「SILMO D’OR(シルモドール)」を受賞しました。

本当におめでとうございます!!!

 

岡山眼鏡店では残念ながらFACTORY900の取扱いはありませんが、「factory900」「RETROFUTURE BY 900」、そして「TOKYO HOLIDAYS」のお取り扱いをいたしております。

 

今回初めて一部工場内も見せてくださいました!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ちょうどFACTORY900フレームの磨きがなされているところでしたね。

 

いま話題の…

スペシャルなフレームも今回見せてくださいました!!!

仕上がったばかり…これから納品のため旅立つところ。

それがこちら…!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうです~!!

今回のSTAR WARS(スター・ウォーズ)のために再現されたダース・ベイダーのオフィシャルサングラスは、FACTORY900の技術で作られているんです!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうでしょうか?この立体感!!

サングラスを見ただけでも「ダース・ベイダー」と分かってしまうほど、忠実に作られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただこちらは、岡山眼鏡店では取扱いはございませんのであしからず。

東京・渋谷にあります『FACTORY900 TOKYO BASE』さんでお取り扱いしております。

 

【 FACTORY900 TOKYO BASE 】

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F

TEL / FAX 03-3409-0098 E-mail tokyobase@factory900.jp

営業時間 12:00 ~ 20:00 水曜定休

 

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

また、岡山眼鏡店でも地図などが入ったFACTORY900 TOKYO BASEさんのショップカードをお渡ししておりますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年内最後の福井/鯖江訪問でしたが、来年に向けた良いお話しと繋がりを深く感じられたものになりました。

お世話になった皆々さまにこの場を借りまして心より御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

og-1[1]

2015年3月にオープンし、この12月末をもちましてようやく10ヵ月を迎えます。

まだまだヒヨッコな自分たちでございますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

【年末年始の営業日時のお知らせ】

~12/28(mon) 通常営業(10:00~19:00)

12/29(tue)~2016.1/2(sat) 店休日

1/3(sun)~ 通常営業(10:00~19:00)

年内最終営業日は12/28(mon)まで、休みなく営業いたしております。

年始は1/3(sun)より通常営業いたしております。

2016年を新しく迎えるメガネを…

皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

concept

岡山眼鏡店ロゴ