【OAKLEY meets ZEISS】CROSSLINK MNP オークリー ツァイス 遠近両用 色が変わるレンズ|Sports Lab. by 岡山眼鏡店

2019.05.19 / OAKLEYZEISS

生活の中に溶け込む、自然な見えかた。〝色が変わるレンズ〟でヘルシーなライフスタイルを楽しめます。

皆さま!こんにちは。Sports Lab. by 岡山眼鏡店Blogでございます。いつも私どもブログをご覧くださりまして、誠にありがとうございます。初めてご覧いただきました皆さまには、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
本日のブログは、K様の素敵なアイウェアフォトのご紹介です。ネット検索でお越しくださり、生活の中で楽しむメガネをお探しでいらっしゃいました。フレームも、レンズにもこだわりの仕上がりをぜひ最後までごゆっくりご覧くださいませ。

 

OAKLEY since 1975

オークリーは1975年に創業者:ジム・ジャナード氏により設立されました。ジム・ジャナード氏の愛犬(イングリッシュ・セッター)の名がブランド名の由来です。アメリカ・南カリフォルニア、フットヒル・ランチという街の小高い丘に一際目立つ要塞のような建物が世界のオークリーの中枢となる本社です。

 

OAKLEY HEADOFFICE オークリー本社 アメリカ カリフォルニア フットヒルランチ Sports Lab. by 岡山眼鏡店 スポーツラボ okayamagankyoten

特許素材:Unobtaniumの製造からスタートしたオークリー。水分吸収でグリップ力を増すこの素材は、モトクロスバイクやBMXのハンドグリップなどに使われていました。そして、1984年、同素材を使用したスポーツサングラス:EYESHADES アイシェイドを発表。翌年の1985年にはオークリーのライフスタイル・サングラスとしてアイコニックな存在になっているFROGSKINS フロッグスキンが発売となります。1989年にデビューしたM-FRAME エム・フレームは軽量で耐久性に富み、周辺視野と歪みのないクリアな視界をシールドレンズで実現した、スポーツサングラス史上最も高性能なアイウェアとして知られる存在になりました。

 

初代CROSSLINKから新たな進化を盛り込みリニューアルされたCROSSLINK MNP。約600もの特許を有してきたOAKLEYのこれまでの経験と技術が注ぎ込まれたオプサルミックフレームは、同ブランドのライフスタイルとスポーツをリンクするジャンルレスなオプティカル用モデルとしてリリースされています。これまでのモデル以上に広い視野と安定した掛け心地が特徴で、ブレない安定感が求められるフレームは、3Point-Fit スリーポイントフィットの独自理論と、O Matter製のしなやかで軽量な耐久性を合わせ持っています。また、Unobtanium製イヤーソックが安定したフィット感を生み出します。

 

CROSLINK初の「True Bridge Technology トゥルーブリッジテクノロジー」は、例えばフレーム自体のフィット感が良くても、どうしても鼻の高さによってフィット感に差が出てしまうノーズパッド部を、4つのサイズの交換可能なパーツとして独立させることで、自分に合うサイズに選択することが可能になりました。

 

OAKLEY オークリー CROSSLINK MNP クロスリンクエムエヌピー Sports Lab. by 岡山眼鏡店 スポーツラボ okayamagankyoten

また、付属のインターチェンジャブルステムにより、ユーザーの方々の用途や使用環境、シーンに合わせたテンプルの使い分けができるフレキシビリティさも継続されています。

 

OAKLEY オークリー CROSSLINK MNP クロスリンクエムエヌピー Sports Lab. by 岡山眼鏡店 スポーツラボ okayamagankyoten

ただ単に従来のデザインを継承するのではなく、いままでになかったデザインに一新、よりスポーティーかつスタイリッシュなレンズシェイプに生まれ変わりました。今回のK様は遠近両用世代。そのレンズの目の動かす範囲にも十分に対応できます。TruBridge Technology搭載モジュラーノーズパッド4サイズ、クロスリンク専用ケース、マイクロクリアバッグ、ブラックアイコン&ブラックイヤーソックの交換用ステムが付属しています。

 

OAKLEY オークリー CROSSLINK MNP クロスリンクエムエヌピー Sports Lab. by 岡山眼鏡店 スポーツラボ okayamagankyoten

 

ZEISS since 1846

160年以上の歴史を持つ光学的専門性。人類初の月面着陸の瞬間やハリウッド映画のカメラレンズ、アインシュタインをはじめ35人ものノーベル賞受賞が使用の顕微鏡、半導体製造技術や医療システムは世界中で活躍しています。

 

CARL ZEISS社は同社の創設者でありドイツの機械技術者(マイスター)であったカール・フリードリヒ・ツァイスが、1846年にドイツのテュー(チュー)リンゲン州の都市であるイエナ(イエー)で、精密機械と光学機器の工房を創設したことに始まります。
1847年には顕微鏡を製作、その後、イエナ大学の植物学者でもあるマティアス・ヤーコプ・シュライデンの助言を受けて改良を重ね、1950年代以降には顕微鏡の品質で広く一般に認められるようになりました。
1866年にはイエナ大学の講師であったエルンスト・アッベと知り合い、カール・ツァイスと共同で光学機器の性能向上に向けて開発を始めます。
1872年、アッベの顕微鏡内の光学像の結像理論が顕微鏡に根本的な進歩をもたらし、この理論とアッベの名にちなんだ「正弦条件 sine condition」が高性能顕微鏡の基礎となりました。
その後1876年、アッベはツァイスとともに共同経営者に参加しています。
ちょうど同じころ、光学ガラスの素材が弊害になっていましたが、1879年からフリードリヒ・オットー・ショットが技術を提供してくれることになり、良質なガラスをレンズの素材にすることが可能となりました。
1884年には同じイエナで、オットー・ショット、エルンスト・アッベ、カール・ツァイス、そして、ツァイスの息子のローデリッヒ・ツァイスにより「Glastechnisches Laboratorium Schott & Genossen(後にJenaer Glaswerks Schott & Genossenに社名を変更、現Schott AG)」を設立。
1888年にカール・フリードリヒ・ツァイスが死去。
翌年の1889年、エルンスト・アッベによりカールツァイス財団が設立、1891年には同財団がツァイス工場の独占所有者となり、CARL ZEISS社のすべての株を財団が所有、ひとりの株主がいない財団運営の経営がなされる珍しい企業形態となりました。
すでに経済的に重要な地位を獲得していたCARL ZEISS社は、光学機器技術のリーディングカンパニーとして世界中で活動していました。

 

1846年の設立以来、ZEISSが培ってきた工学分野での専門知識を基に、1912年、ZEISSはその技術をメガネレンズへ応用することに成功し、ZEISS最初の精密メガネレンズPunktalが誕生しました。今日では当然のことのように思えますが、その当時、これはまさに革新的な技術でした。Punktalにより人々はまっすぐに前方を向いていないときでも優れた視覚を保つことがきるようになりました。
ぞれ以前は、メガネレンズの周辺部から見える視界はぼやけていたため、メガネ装用者はものを見る際、これを補うために顔の向きを変えなければなりませんでした。Punktalはこの点において視覚快適性の向上に多大な貢献を果たしました。今日でも、ZEISSは皆さまに最適な視覚を保証するため全力を傾けています。わたしたちの目は指紋のようにそれぞれ異なります。だからこそ、ZEISSは一人ひとりに合わせたカスタマイズされた視覚ソリューションと高品質なメガネレンズを提供しているのです。ZEISSは160年以上に渡りこの信念を貫いてきたのです。

 

今回のK様にお選びいただいたのは、ZEISS Progressive 遠近両用レンズ。遠くから近くまですべての度数とフレームにフィットするオーダーメイドのレンズです。また、ZEISS  PhotoFusion 技術を用いた〝色が変わるレンズ〟調光レンズは洗練されたオールラウンドな機能が魅力です。移り変わる光に適応して素早く発色、また退色し、快適な視界を提供。ライフスタイルの中でメガネを掛けかえる煩わしさなく、一日を通してクリアなビジョンをお楽しみいただけます。
#色が変わるレンズ OAKLEY meets ZEISS YouTube

※撮影日はあいにくの曇りでしたが、変化は遅く、濃度も薄いものの発色はしてくれますね。

 

ZEISS Progressiveに関してはこちらから。

 

ZEISS PhotFusionに関してはこちらから。

 

K様!この度は本当にありがとうございました!!ぜひアウトドアからインドアまで幅広くご愛用ください。
では最後になりましたが、K様のアイウェアスペックをご覧くださいませ。

 

(FRAME)
BRAND : OAKLEY
MODEL : CROSSLINK MNP
SIZE : 55□17-137
COLOR : SATIN BLACK / REDLINE付属
(LENS)
MAKER : ZEISS
MODEL : Progressive
COATING : PhotoFusion Grey
在庫数などのご質問は、ブランド名・モデル名などをご記入の上、
メールまたは電話にてお気軽にお問合せください。
お問合せフォームはこちら
(※写真では実際のカラーリングと異なって見えることがありますのでご注意ください。)

 

 

====================
====================

 

私どもSports Lab. by 岡山眼鏡店は、スポーツを愛する愛好家の方々に、よりスポーツを楽しく、そして、安全で健やかなライフスタイルを過ごせるよう、眼鏡専門店でしかできない〝見えかた〟と、ファッショナブルなスタイルをご提供する、提案型のスポーツカテゴリーです。
『Sports Laboratory=スポーツ研究室』から名付けられた私どものスポーツカテゴリーは、現在に満足することなく、常にステップアップを目指しております。
また、お客様一人ひとりの持つイメージや期待を共有できるようコミュニケーションを図り、お客様=自分のことのような思いで、大切な一本を仕上げていくことが、我々の楽しさであり、使命であると考えております。
お客様とともに楽しみ、悩み、喜び合う…そんなSports Lab. by 岡山眼鏡店を目指しています。
今年の私どものテーマは『Best Comfort Seeing for you / 快適な視界を皆さまへ』。
眼鏡専門店だからこそ可能な見えかたへの拘りを、Sports Lab. by 岡山眼鏡店は一つひとつ皆さまへご提案してまいりたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。
皆さまいかがでしたでしょうか?
ぜひこの機会にこれからのメガネ選び・サングラス選びのご参考にもしてみてくださいね。
当店はOAKLEY / オークリー製品、ZEISS / ツァイス製品を安心して購入できる正規取扱店です。
度無しレンズの入れ替え・交換や度付きレンズ、遠近両用レンズなど累進レンズにも対応いたしております。
皆さまお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【情報配信中】

私ども岡山眼鏡店ではブログの他にも新作などの入荷情報をはじめ、イベント情報や様々な情報を発信しております。
岡山眼鏡店Facebookページ
Sports Lab. by 岡山眼鏡店Facebookページ
岡山眼鏡店Instagram
Sports Lab. by 岡山眼鏡店Instagram
岡山眼鏡店Twitter
岡山眼鏡店Pinterest
岡山眼鏡店YouTube
岡山眼鏡店Google
ぜひ皆さまのフォローをお待ちいたしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メガネは身体の一部です。

せっかく掛けるメガネだからこそ、《見えかた・見られ方・心地よさ》を考えてみませんか?
私ども《岡山眼鏡店》では、“なぜそのメガネが似合うのか?” “なぜそのメガネが似合わないのか?” を具体的にお伝えしながら、皆さまにぴったりなメガネのアドバイスをさせていただいております。
また、度数が必要な方はもちろんのこと、最近特に疲れやすくなった方や、見えにくくなったなぁ、と感じられる方には、無料で屈折測定とアドバイスをさせていただいております。
お気軽に店頭スタッフまでお申し付けくださいませ。
皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

 

4th Anniversary 4周年 岡山眼鏡店 okayamagankyoten

concept

岡山眼鏡店ロゴ