一覧に戻る

Persolペルソール

イタリア発のブランド、ペルソール。
 そのブランド名はイタリア語でPer il Sol、英語でFor the Sun「太陽のため」を語源としています。
 
1917年、イタリア、トリノで写真家であり、「ベリー眼鏡店」のオーナーであったジュゼッペ・ラッティは掛け心地や強度、良好な視界を研究し操縦士やレーサーのための眼鏡を作り始めました。これがペルソールの世界的な成功への第一歩でした。

1930年代後半には現在でもペルソールの基本要素となっている世界初の曲がるテンプル=メフレクト(Meflecto)が導入されます。それは、ステンレス芯が通ったナイロンとメタルのシリンダーを埋め込んで曲がりやすくなったテンプルが、どんな顔の形状にもフィットし心地よさを与えられるように開発されました。
そして、古代戦士の剣からインスパイアされたペルソールのアイコンである『シルバーアロー』の装飾もこの時期に生み出されましたのです。
ジュゼッペ・ラッティの閃きにより生まれたこのデザイン&機能は瞬く間に世界の国々で特許を認められます。
機能の一部でありながら、その美しいデザインはペルソールを世界的に有名にさせることになりました。
1 2