一覧に戻る

Lesca LUNETIERレスカ ルネティエ

「French Heritage(フランスの伝承)」
Lesca家は自分たちの活動をこう呼んでいます。
フランスの東南山岳地帯であるジュラ地方は古くから手作業の製造が盛んに行われており、眼鏡作りでもヨーロッパにおける中核的な地域として発展してきました。 そのジュラには最新の設備を持つ工場もありますが、手作業で眼鏡を作り上げる熟練した職人技や、ヴィンテージの眼鏡をそのまま再現できる設備や金型がいまだに存在していることなどもジュラの貴重な資産として残っています。
20世紀初頭よりこのジュラ地方で眼鏡に携わってきたLesca家は、1964年に自身のブランドであるLesca LUNETIERを立ち上げ、以来ジュラ地方の伝統的な眼鏡製法や、フレンチトラッドなデザインのエッセンスをアップデートさせていく活動を続けてきました。

ジュラに点在する職人たちとの深い信頼関係と、過去から受け継いできた役割を大切にしていることからこそ出来ること。
これこそが「French Heritage」です。
またアトリエに遺るリアルヴィンテージのアーカイブ(Lesca VINTAGE)も定期的に紹介しています。
フランスの眼鏡の伝統と魅力的なエッセンスが詰まっているブランドがLesca LUNETIERです。